PRODUCTS & SERVICE

事業内容

TOP | 事業内容 | パイプライニング部門 | セメントモルタルライニング工法

セメントモルタルライニング工法

小中口径管(φ75mm〜φ650mm)、大口径管(φ700mm以上)、異形管(各種)水道管、工業用水道管、海水導入鋼管、鋳鉄管は長年の使用によって管内面に水垢や錆コブが発生し、ひどいものは穴あきによる漏水という大問題が起きています。セメントモルタルをシームレスにライニングする独創的な再生処理技術は、既設管路の補強延命と導水能力の復元により、高評価をいただいております。

セメントモルタルライニング工法の特徴

 

防食性にすぐれている

通常、高いPHであるモルタルに保護され鉄表面を不動能化するため錆びない。

管の補強効果がある

腐食による減肉がある場合、モルタルの剛性が加わり管体強度の復元が出来る。

流速係数が向上

シームレスにライニングができるので流速係数が向上する。

漏水防止に効果がある

ライニング層によって、管内の凹凸などは埋められるので少量の孔は補修できる。

剥離しにくい

鉄とモルタルの線膨張係数はほぼ同じであり、温度変化による伸縮は同じ割合で起きる。厚膜であり、固体圧縮強度が高くアーチ効果が発揮され、剥離しにくい。

管の事前処理が簡単である

モルタルは、セメント、砂、水で作られており、 管内の水を除去する程度の簡単な事前処理で施工可能である。

長期間の使用に耐える

モルタルライニング管の耐用年数は、極めて長期間に及ぶことが実証されている。米国では1世紀、英国では60年、日本では旭興産の現地ライニングが30年以上。